電話番号 076-422-4455
子供の矯正治療
子供の矯正治療

矯正治療とは?

矯正治療とは

矯正治療とは

お子様の矯正治療は、早めに対応することで、将来の歯並びに悪い影響を与えるような生活習慣の改善を含めた、適切な治療を行うことが可能になります。お子様に以下のような症状がある場合には、まずは無料初診相談にお越し下さい。

こんな症状があったら、まずは無料初診相談

矯正治療とは
矯正治療とは
矯正治療とは
矯正治療とは
矯正治療とは
矯正治療とは

永久歯が生えそろうまでに行う、お子様の矯正治療

お子様の矯正治療

乳歯の段階から、永久歯への生えかわりが終わるまでに行う矯正治療のことを、小児矯正と呼んでいます。

矯正治療は、大人になってからでも可能ではありますが、問題が起こり始めた子供の時期に早期から始めることで得られるメリット、あごの成長に合わせて行うことで得られるメリットというのがあり、これは小児矯正でしか得ることができません。

具体的には、小児矯正ではあごの骨の成長をコントロールしながら矯正治療が行えるので、お顔の形をできるだけ理想的に整えていくことができますし、歯並びや骨格を悪くしてしまう日常的な癖を取り除くことができるので、生涯にわたって良い歯並び、かみ合わせを維持しやすくなります。

小児矯正のメリット・デメリット

小児矯正のメリット
非抜歯で矯正できる可能性が高くなります
小児矯正では、成長期にあるあごの成長をコントロールしながら行えるので、成人矯正と比べて、抜歯をして矯正する必要性をかなり低くすることができます。
骨格の見た目・バランスが良くなります
小児矯正では、あごの骨の成長の盛んな時期、乳歯から永久歯へ生え変わりの時期に行いますので、骨格の成長をコントロールしながら、歯を本来あるべき理想的な位置に誘導していくことができます。結果として、上下のあごの骨格バランス、歯並びが整いますので、より見た目の良い仕上がりになります。
歯をスムーズに動かせ、痛みを抑えて治療できます
骨がまだやわらかい時期に行いますので、歯も大人の場合と比べてスムーズに動き、歯を動かす際の痛みも感じにくくなります。
歯並びを悪くする原因を根本的に解決できます
小児矯正では、歯並びやあごの成長を悪くしてしまう癖や、姿勢に対する改善も行います。それと同時に、筋肉や骨格の健全な発育を促す訓練も行いますので、歯並びや骨格が悪くなりにくく、良い状態で保ちやすくなります。
簡単な装置・方法で矯正が可能です
小児矯正では、成人矯正と比べて簡単な装置で治療が可能です。また、骨格的な異常の強い不正咬合というのがありますが、このような場合、大人になってからの矯正治療では、あごの骨を切る手術をして矯正治療を行う必要性が出てきます。ですが、問題が軽い子供のうちから矯正治療を始めることで、骨の異常を抑えることができ、手術を避けることも可能です。
小児矯正のデメリット
お子様、保護者の方の協力がないとうまくいきません
装置の種類によっては、保護者の方に調整をしていただくものがあります。そのため、お子様、保護者の方に協力していただかないと、うまく治療効果が現れません。
保険がききません
矯正治療は、保険治療ではありませんので、ある程度の金額がかかります。

小児矯正の開始時期

小児矯正の開始時期

小児矯正の開始時期は、ケースバイケースであり、症例によってベストな治療開始時期が異なります。遺伝的に骨格性の異常がある場合、例えば骨格性の受け口の場合にはできるだけ早めの治療開始が望まれる場合もあります。

ですが、多くの場合、永久歯の生え変わりが始まる6歳以降に開始するケースが多くなります。

まずは無料初診相談を受けていただき、お口の中を拝見させていただくことである程度治療開始時期がわかりますので、一度お気軽にご相談ください。

お知らせ

^