電話番号 076-422-4455
子供の矯正治療
子供の矯正治療

インビザライン®・ファースト

6歳から10歳くらいまでの 透明で目立たないマウスピース矯正

6歳から10歳くらいまでの 透明で目立たないマウスピース矯正

インビザライン®は、薄くて透明なプラスチックのマウスピース型の装置で歯並びを整える、大人向けの矯正システムです。目立たず、快適に矯正治療ができるので、世界でも大変な人気を誇っているインビザライン®ですが、新しく小学生向けのインビザライン®・ファーストが発売され、お子様もできるだけストレスの少ない方法で矯正治療が行えるようになりました。

インビザライン®・ファーストと従来の方法との違い

インビザライン®・ファーストが登場したことにより、従来までの小児矯正治療では不可能だったことまで行えるようになりました。従来の小児矯正治療と、インビザライン®・ファーストでの矯正治療にどのような違いがあるのか、見てみましょう。

従来の小児矯正

従来の小児矯正
あごを広げますが、細かい歯並びの調整はできません

従来の小児矯正の場合、あごの横幅、大きさを広げる治療がメインとなります。治療に使用する装置は、あごの成長をコントロールすることを目的としており、それによって自然と永久歯が適切な位置に生えるようにしていきます。その結果、永久歯は本来あるべき位置に誘導はされますが、緊密で完璧な歯並びにまでなるケースは限られています。
通常、小児矯正だけでも十分に健康的な歯並びになることがほとんどですが、もしも、より完璧な状態を求めるならば、小児矯正後に成人矯正で細部を整える必要性が出てきます。

インビザライン®・ファースト

インビザライン®・ファースト
あごを広げ、歯並びまできれいに整います

インビザライン®・ファーストは、従来の小児矯正のように、「あごの大きさを広げる」ということができるのはもちろん、それに加え「歯並びを細部まできれいに整える」ということが同時にできるのが特長です。
つまり、従来までは、小児矯正が一旦終わって、歯並びまできれいに整えるために成人矯正に移行していたケースが、インビザライン®・ファーストならばそれのみで済ませることができるのです。
このことによって、矯正治療にかかる期間が大幅に短縮され、治療費が再度発生するということもなくなりました。

インビザライン・ファーストの特徴・メリット

見た目が気にならない
薄くて透明なプラスチックの矯正装置で、ワイヤーなどがないので、装着していても目立ちません。そのため、見た目が気になるお子様に向いています。

使用法が簡単
使用法は、マウスピースを定期的に交換するだけですので、従来の装置と比べてとてもシンプルです。

虫歯を作りにくい
マウスピースの装置は、歯磨きの時には外していただきますので、虫歯のリスクを高めません。

食事を我慢しなくてもいい
お食事は、装置を外して召し上がっていただきますので、食べたいものを我慢する必要もありません。

歯並びまできれいに整う
従来の「あごを広げる目的の小児矯正装置」とは異なり、歯の並びを細部まできれいに整えることができます。

違和感が少ない
従来の装置と比較して違和感が少ないので、矯正装置によるストレスを軽減できます。

トラブルが起こりにくい
硬い装置や針金がないので、粘膜や歯茎を傷つけるトラブルがありません。

元気なお子様のアクティビティを妨げません
従来の装置と比べ、お口の中を傷つけたりする心配がありませんので、元気なお子様のスポーツなどのアクティビティを妨げることもありません。

矯正期間を短縮できる
従来までは、「あごを広げるステップ」と、「歯並びを細部まで整えるステップ」を別々に行なっていましたが、インビザライン®・ファーストならその二つのステップを一度に行うことができるので、治療期間の短縮につながります。

インビザライン®・ファーストの注意点・デメリット

小児矯正のデメリット
お子様の協力が必要
インビザライン®・ファーストは、取り外しできるのがメリットではあるのですが、決められた時間毎日装着しなければ効果が現れない、というデメリットもあります。その点、固定式の装置の場合なら、放っておいても効果が出ますので、毎日しっかりとつけられない場合には従来の固定式装置の方をおすすめします。
適さないケースもある
歯並びやあごの状態によっては、インビザライン®・ファーストで治療ができない場合もあります。その場合には従来型の小児矯正装置での治療をおすすめいたします。
お知らせ

^