電話番号 076-422-4455
大人の矯正治療
大人の矯正治療

矯正装置の種類

矯正装置の種類

矯正治療には、従来のワイヤーを使用した方法から、新しいタイプの治療法であるマウスピース矯正まで、様々な方法があります。歯並びやかみ合わせの状態を考慮しながら、「目立ちたくない」「治療期間を短くしたい」等、ご要望に合わせて、患者様にとって最適な治療方法をご提案いたします。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、最も広く行われている、オーソドックスな矯正方法で、幅広い症例に対応できるのが強みです。

クリアブラケット(透明なボタンと金属のワイヤー矯正)

クリアブラケット
歯の表側にブラケット(透明のボタン)と金属のワイヤーを装着する、もっともポピュラーな治療方法です。ブラケットは、かつての金属製ではなく、透明なセラミックですので、目立たずに治療を行えます。治療期間を短くできる装置もあります。
メリット
  1. あらゆる症例に対応できる
  2. 比較的目立たずに矯正治療を行うことができる
  3. リーズナブルに治療ができる
デメリット
  1. ワイヤーが見えるので、他の目立たない矯正治療に比べると目立つ
  2. 金属アレルギーのリスクが多少ある
  3. 汚れをしっかり落とさないと、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  4. 食事の内容によっては食べにくいことがある
  5. 口の中を傷つけることがある

オールクリアブラケット(透明のボタンと白いワイヤーの矯正)

オールクリアブラケット
クリアブラケットだけでなく、ワイヤーにも白いものを使うことで、より審美性を考慮したワイヤー矯正方法です。金属色が見えないため、上のクリアブラケットに比べ、より目立たなく治療する事が出来ます。また、クリアブラケットと同じく、治療期間を短くできる装置を使用する事も可能です。
メリット
  1. あらゆる症例に対応できる
  2. 歯の表に装置がつく治療の中では最も目立たずに矯正治療ができる
デメリット
  1. かなり目立たないようにはできるが、近くで見ると矯正していることがわかる
  2. 金属アレルギーのリスクが多少ある
  3. 汚れをしっかり落とさないと、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  4. 食事の内容によっては食べにくいことがある
  5. 口の中を傷つけることがある
  6. クリアブラケットより多少費用がかかる

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、矯正用のマウスピースを段階的に交換しながら、だんだんと理想の歯並びに近づけていく、新しい矯正方法です。当院では、米国のアライン・テクノロジー社が提供している、世界的に絶大な信頼度を誇る「インビザライン・システム」を取り入れています。

インビザライン®(透明なマウスピースを使用して行う矯正)

インビザライン®
0.5ミリ程度の非常に薄い、透明なマウスピースを使用して行う、非常に目立たない矯正治療です。透明なマウスピースなので、装置を付けている事はほとんど分かりません。それゆえ、接客業や人前でお話をされる方などの間でも大変人気がある治療法です。
インビザライン®
また、食事や歯磨きの際には取り外していただけるので大変便利です。そして何よりも、従来の矯正治療とは異なる、新しいデジタル技術を駆使した、これまでにない精密な矯正治療という点が、世界的にも評価されています。

メリット
  1. 矯正していることを他人にほとんど気付かれることがない
  2. 違和感が非常に少ない
  3. 食事、歯磨きの際には外すことができるので快適
  4. 矯正時の痛みが少ない
  5. 通院回数、診療時間を少なくすることができる
  6. 金属アレルギーの心配がない
  7. 虫歯や歯周病のリスクを高めない
  8. 治療期間があらかじめわかるので、将来の計画が立てやすい
デメリット
  1. 全ての症例に対応できるわけではない
  2. 毎日きちんと装着時間を守る必要がある

当院では、患者様のご要望を重視し、できる限り快適に矯正治療を受けていただけるよう、最大限の努力をいたします。ぜひ、どんな些細なことでも遠慮なさらず、お気軽にご相談ください。

お知らせ

^