電話番号 076-422-4455
大人の矯正治療
大人の矯正治療

よくあるご質問

当院に寄せられる質問集

Q.無料初診相談を受けたら、矯正治療をしないといけないんですか?
A.いいえ、そんなことはありません
当院では、矯正治療の無料初診相談を行なっておりますが、相談を受けたからと言って治療を受けなければならない、ということはありませんのでご安心ください。無料初診相談で行う内容は、問診・レントゲン撮影・口腔内確認・治療方針の説明・お見積りの提示などです。矯正治療に興味がある方は、矯正治療に関する疑問や不安を解消する場として、お気軽にご利用ください。

Q.矯正治療の装置は目立ちますか?
A.最近では、様々な目立たない装置が充実しています
当院では各種「目立たない」矯正治療を行っており、接客業の方などの間でも人気があります。ご予算や歯並びなどに応じて、透明な装置を歯の表につける方法、透明なマウスピースで歯を動かすことのできる「インビザライン」から患者様に合った方法で治療を行なっていきます。お気軽にご相談ください。

Q.矯正治療の適齢期はいつ頃ですか?
A.矯正治療はいつからでも始めていただけます
矯正治療には年齢制限がありませんので、どなたでも口腔内の状態に問題なければ矯正治療を行うことは可能です。矯正治療を行うことによって、見た目が良くなるだけでなく、お口の状態が健康になりますので、歯をより長持ちさせることが可能になります。
ただし、症例によってはお子様の時から、出来るだけ早い段階で治療をした方が良いケースもありますので、お子様の歯並びで気になることがある場合にはお早めにご相談ください。成人の方は「矯正治療を始めてみたい」と思われたときが」最適なタイミングです。是非、一度無料初診相談にお越しください。

Q.矯正治療の前や治療中に虫歯になったらどうすればいいですか?
A.当院では、矯正治療以外も行なっていますので、臨機応変に対応します。
当院では、矯正治療をはじめ、虫歯や歯周病などの一般歯科治療からインプラント治療まで、口腔ケアに関する包括的な治療を行っています。そのため、虫歯があるからと言って、他院に行っていただく必要はなく、矯正治療前はもちろん治療中の虫歯にも臨機応変に対応できますので、安心してお任せください。

Q.矯正治療の前に親知らずを抜かなければなりませんか?
A.ケースバイケースです。抜かなくて良い場合もあります
親知らずは、場合によっては、のちに歯並びを乱してしまう原因になることがあるので、矯正治療の前に抜歯をしなければならないケースもあります。ですが、全てがそうではありませんので、まずはレントゲン診査をしてから、抜歯の必要がある場合にはお知らせいたします。

Q.矯正治療では、どこかの歯を抜く必要があると言われたのですが?
A.抜かずに矯正できるケースもたくさんあります
当院では、「歯を抜かない矯正治療=非抜歯矯正」を基本方針にしていますが、症例によっては、歯を並べるためのスペース不足のため、また、見た目をできるだけよく仕上げるために抜歯が必要になることがあります。抜歯が必要になりそうかどうかは、無料初診相談で大まかにわかりますので、まずは一度相談にいらしてください。

Q.セラミック矯正だと早く歯並びを治せるので、そちらと迷っているのですが・・
A.歯の健康のことを考えるなら、矯正治療の方がオススメです
手っ取り早く歯並びを整えることができる「セラミック矯正」は、その手軽さと治療期間の短さがメリットではありますが、健康な歯を数本大量に削って被せて歯並びを整える方法なので、歯への負担が大きくかかってしまいます。歯の向きも無理矢理に変えることがあるため、歯にとって過剰な負担になり、結果的に歯の寿命を縮めてしまうことも少なくありません。
その点矯正治療は、歯そのものを移動させて歯並びを整えますので、歯自体を傷めることがなく、より自然で、健康的にお悩みを解決することができます。

Q.矯正費用は医療費控除の対象になりますか?
A.矯正治療は不正咬合の治療なので、医療費控除の対象になります
医療費控除とは、1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合に、その超過分が控除対象となり、申告するといくらかのお金が戻ってくる、というシステムです。
実は矯正歯科治療に関する費用も、医療費控除の対象となる場合があります。矯正治療は保険がききませんので、大きな出費となります。そのためこの制度を活用されると、いくらか負担が軽減されるのでぜひご利用していただければと思います。
もし、申告するのを忘れていたとしても、5年間はさかのぼって請求が可能ですので、領収書など証明に使えるものは捨てずに、来年度に申告することができます。
医療費控除に関する詳しい情報は、税務署または国税庁のHPをご覧ください。

お知らせ

^