電話番号 076-422-4455
歯の矯正の基礎知識
歯の矯正の基礎知識

非抜歯矯正

大切な歯をできるだけ抜かない矯正治療を目指します

歯を抜くか、抜かないか
矯正治療には、歯を抜いて行う「抜歯矯正」、歯を抜かずに行う「非抜歯矯正」というものがあります。患者様にとって、歯を抜くかどうか、というのは非常に重大な問題で、カウンセリング時にもよくご質問を受ける内容の一つです。

矯正治療ではなぜ歯を抜くことが多いの?

矯正治療ではなぜ歯を抜くことが多いの?

「なぜ、矯正治療をするのに抜歯が必要になるのか?」疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。通常よく行われている矯正治療では、数本歯を抜いてから矯正治療を行うケースが多いのですが、その理由として、歯をきれいに並べるには、あごの骨の大きさが十分に足りないから、ということが挙げられます。

このように、足りないスペースを確保するために歯を数本間引きして並べるのは、確かに最も手っ取り早い手段かもしれません。ですが、やはり大事な歯を抜くというのは患者様にとって大きな身体的・精神的負担がかかってしまうことですので、できるだけ避けたいところです。

当院ではできる限り抜歯を避けて矯正する方法を検討します

当院では、できるだけ歯を抜かずに矯正治療が進められるよう、あらゆる限りの方法を検討し、大切な歯をなるべく全て生かして治療することを第一に考えます。

抜歯を避けてスペースを作る方法
01
狭くなっている歯並びを外側に拡大してスペースを作り出す方法

01
奥歯をできるだけ後方に移動させて、スペースを作り出す方法

01
歯の横幅をほんのわずか削ってスペースを作り出す方法

歯を並べるのにスペースが足りないケースでも、このような方法で、抜歯をしなくても矯正治療が行える場合があります。

当院では、患者様の歯並びやかみ合わせ、あごの骨の状態などを精査した上で総合的に判断し、できる限り非抜歯で行える方法をご提案させていただきます。ですが、どうしても歯を動かすスペースが上記の方法で確保できない場合には、抜歯矯正をお勧めいたします。

非抜歯矯正が難しいケースとは

特に成人矯正の場合、非抜歯で行うことが必ずしも良い結果につながらないこともあります。たとえば、無理に歯並びの拡大をしてしまうと、歯はきれいに並んだとしても口元がボコッと突出した顔つきになってしまったり、歯の歯根が露出しやすくなったり、治療後に後戻りが起こりやすくなったり、というようなことが起きる場合があります。また、後ろに歯を移動するのにも限界があります。

非抜歯矯正が難しい歯並び

歯並びのデコボコ・ガタガタの程度が強い場合
スペースが大幅に足りないことが多いため、抜歯が必要となる可能性が高くなります。

口元に突出感がある歯並び(口ゴボ)の場合
突出感を改善させるために抜歯をして口元を引っ込める必要があります。

当院では、非抜歯で矯正が行える可能性がある場合には、できる限り非抜歯矯正を行なっていきますが、治療後の状態を考えて審美的、機能的、健康的に問題が起こる可能性が高い場合には、抜歯矯正をお勧めしています。

いずれにしても、患者様にとって抜歯・非抜歯、どちらにメリットがあるのか、ということを考え、患者様と十分に相談をした上で治療に取り掛かっていきます。

小児矯正なら、非抜歯で行える可能性が高まります

小児矯正なら、非抜歯で行える可能性が高まります

大人の矯正の場合、あごの形は変えられないので、非抜歯で行える症例にはある程度限りがあります。ですが、成長発育段階にあるお子さんのうちに矯正治療をすることで、非抜歯で矯正を行える可能性がグンと高まります。

成長期の段階では、あごの骨も発達している途中ですから、あごの骨を広げやすく、またそれと同時に永久歯の歯並びをきれいに整えていけるので、ほとんどのケースで非抜歯矯正が可能になります。

小児矯正は、あごの骨を理想的な形に整えていくので、お顔の形が良くなる、呼吸機能、かむ機能、飲み込む機能といった、生きていく上で大事な機能を正常に働かせることができるようになる、といったメリットもありますが、非抜歯で矯正ができる点も素晴らしいメリットです。

お子様の歯並びが気になっている方はぜひ一度、
お早めにご相談ください。

お知らせ

^