しおみ歯科
なりた歯科
新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 076-422-4455
歯の矯正の基礎知識
歯の矯正の基礎知識

下顎前突

下顎前突とは

下の歯が前に出ている下あごが前に出ている(反対咬合、受け口)
下顎前突(かがくぜんとつ)とは、奥歯でかんだ時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ているかみ合わせのことです。反対咬合や受け口、しゃくれとも呼ばれています。単に歯のかみ合わせだけが反対になっている「歯性」のタイプ、骨格的に下あごが成長しすぎている「骨格性」のタイプの2通りに分けられます。

下顎前突のデメリット

下顎前突のデメリット
物がかみにくい
かんだ時に奥歯の一部しか当たらないので、うまく物がかめなくなることがあり、胃腸に負担がかかりやすくなります。
下あごがどんどん成長してしまう
下あごの骨は、思春期くらいに体の成長発育に伴って急成長する特徴を持っています。そのため、早い段階で骨格性の下顎前突を治療しておかないと、骨が成長しすぎてしまい、矯正治療だけでは治せなくなって成長しすぎた下あごを外科的に切除する手術が必要になることがあります。
それゆえ、骨格性な要素が強い場合、お子さんのあごの成長を早い時期にコントロールして成長しすぎないようにしておくことが重要です。
発音しにくい
下顎前突は、発音や滑舌に影響が出やすい不正咬合です。一般的に、サ行やタ行が発音しづらく、コミュニケーションに影響が出たり、語学習得にも不利になったりすることがあります。
見た目がコンプレックスになりやすい
下あごが大きく前に出ている場合は特に、見た目がコンプレックスになりやすく、心理面に与える影響が大きくなりがちです。
歯にダメージを与えやすい
特定の歯に強い力、異常な力がかかりやすいため、歯が折れたり、割れたりなどしやすくなります。

下顎前突の原因

遺伝的な原因
遺伝的な原因
遺伝的な原因で、上あごの成長が不十分であったり、下あごが成長しすぎたりすることで下顎前突になることがあります。遺伝的なことが原因になっている場合、特に下あごが出やすく、通常の矯正治療だけでは改善できずに外科手術を伴った矯正治療が必要になることもあります。

前歯の傾きによるもの
前歯の傾きによるもの
前歯の生える傾きが逆になっていて、骨格性に異常はなくても歯の位置関係が逆になってしまうことがあります。この場合は簡単な装置で早期に治すことが可能です。

癖が原因になっているもの
癖が原因になっているもの
下あごを前に出そうとする癖、指しゃぶりの癖などでも下あごが前に来てしまうことがあります。また、口呼吸が原因で、下の前歯を舌が裏側から前方に押して下あごが前に出てしまうこともあります。

下顎前突の治療法

下顎前突の治療法としては、次のような方法が挙げられます。治療する年齢、お口の状態などによっても適する治療法が変わってきますので、詳しくはご相談ください。

顎顔面矯正
顎顔面矯正
成長発育が盛んな時期ならば、あごの骨の大きさを広げて歯の生えるスペースをつくりだしながら、歯を正常に並べていくことができます。遺伝性の下顎前突が疑われる場合には、早めに治療を開始する場合もあります。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正
成人になってからの矯正治療で、一般的によく行われる矯正方法です。ワイヤー矯正なら、あらゆるケースに対応可能です。歯の一つ一つに装置(ブラケット)を装着し、ワイヤーを通して歯並びを整えていきます。当院では、白いブラケット、白いワイヤーを用いた目立たないワイヤー矯正も行なっています。
下顎前突の状況によっては、抜歯をして矯正をしなければ治せないケースもあります。

インビザライン
インビザライン
比較的下顎前突が軽度な場合により適した方法です。透明なマウスピースを装着し、定期的に交換するだけで歯並びが徐々にきれいに並んでいきます。インビザラインで治しきれないケースの場合はワイヤー矯正、もしくはインビザラインとワイヤー矯正を併用した方法を行う場合もあります。
当院では、お子様向けのインビザラインも行なっていますので興味のある方はご相談ください。

外科矯正
外科矯正
骨格性に大きく下あごが前に出ているケースにおいては、通常の矯正治療だけでは治しきれないため、外科手術で下あごを切断し、引っ込めた上で矯正治療を行う場合もあります。この場合、「顎変形症(がくへんけいしょう)」という病名がつけられ、保険診療が適用になりますが、専門医療機関での治療となります。

下顎前突 20代男性 の症例

症例1

症例1
矢印
症例1

施術内容

上顎の歯列が下顎の歯列より内側に位置する反対咬合であったため、上顎の歯を外側に傾け、下顎の歯を内側に傾けて、噛み合わせを改善する、カモフラージュ矯正を行なった。歯が並ぶスペースが足りておらず、歯ががたつき、審美障害も生じていたので、歯と歯の間に0.2~0.5mm程の小さな隙間をあけることで歯を並べるスペースを作った。マウスピース型の装置によって歯列矯正を行った。

治療期間

3年

主訴

受け口、歯のがたつき

料金

インビザライン

リスク・副作用

  • 歯と歯の間を少々削る必要がある
  • 歯茎の位置が変化する可能性がある
  • 歯を動かす際に違和感や多少の痛みを伴うことがある
  • 矯正装置を装着するため、虫歯や歯肉炎になるリスクが少々高まる
  • 骨格性の反対咬合の場合、外科手術の適応になることがある
  • 非外科での矯正治療の場合、受け口顔貌の改善は見込めない

お知らせ
グループ医院・グループサイト
なりた歯科・矯正歯科
しおみ歯科クリニック
しおみ歯科クリニック 求人サイト

^