電話番号 076-422-4455
歯の矯正の基礎知識
歯の矯正の基礎知識

上顎前突

上顎前突とは

上顎前突
上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、通称「出っ歯」と呼ばれている歯並びのことです。奥歯でかんだ時に上の前歯が前方に出ており、唇が閉じられない、唇を閉じるとあごの先端に梅干しのようなシワができる、といった状態になります。

上顎前突のデメリット

上顎前突のデメリット
口が乾いて虫歯や歯周病になりやすい
口が開いたままになりやすいため、お口の中の唾液が乾いてしまうことで、唾液の持つ自浄作用や殺菌作用などの働きがうまく行われず、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
口が乾いて口臭・歯の着色が起こりやすい
お口が乾いて唾液の自浄作用、抗菌作用などが発揮されないため、細菌が繁殖しやすいのと、歯周病にかかりやすくなるため、口臭がきつくなりやすい傾向があります。また、歯がすぐ乾いてしまうので、飲食物の色がつきやすくなります。
見た目にコンプレックスを抱えやすい
口元が出ているので、見た目にコンプレックスを抱えやすいという心理面での影響も少なくありません。
ぶつけて歯を折りやすい
前歯が前方に出ているため、前歯をぶつけて歯を折るリスクも高くなります。

上顎前突の原因

遺伝的な原因
歯が生えるスペース不足
遺伝により上あごの骨が成長しすぎる、もしくは下あごの成長が不十分といった理由で上下のあごのバランスが崩れると、上顎前突になりやすくなります。

歯が生えるスペース不足
歯が生えるスペース不足
おしゃぶりをしている期間が長かった、指しゃぶりの癖がなかなか治らなかった、舌で前歯を押す癖がある、爪をかむ癖があるというような場合、前歯が前に出てしまいやすくなります。

乳歯を本来生え変わる時期よりも早く失ってしまった場合
乳歯を本来生え変わる時期よりも早く失ってしまった場合
アデノイド肥大や上あごの成長不足、鼻炎などが原因で鼻呼吸がしづらく、口呼吸になってしまうと、口呼吸に対応できるようにあごや歯の位置が形成されていきます。その結果、上顎前突になってしまうことがあります。

上顎前突の治療法

上顎前突の治療法としては、次のような方法が挙げられます。治療する年齢、お口の状態などによっても適する治療法が変わってきますので、詳しくはご相談ください。

顎顔面矯正
顎顔面矯正
成長発育が盛んな時期ならば、あごの骨の大きさを広げて歯の生えるスペースをつくりだしながら、歯を正常に並べていくことができます。ケースバイケースではありますが、通常6歳前後から始めるのが理想です。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正
成人になってからの矯正治療で、一般的によく行われる矯正方法です。ワイヤー矯正なら、あらゆるケースに対応可能です。歯の一つ一つに装置(ブラケット)を装着し、ワイヤーを通して歯並びを整えていきます。当院では、白いブラケット、白いワイヤーを用いた目立たないワイヤー矯正も行なっています。
上顎前突の程度が強い場合には、抜歯をして矯正をしなければ見た目が改善できないケースもあります。

インビザライン
インビザライン
比較的上顎前突が軽度な場合により適した方法です。透明なマウスピースを装着し、定期的に交換するだけで歯並びが徐々にきれいに並んでいきます。インビザラインで治しきれないケースの場合はワイヤー矯正、もしくはインビザラインとワイヤー矯正を併用した方法を行う場合もあります。
当院では、お子様向けのインビザラインも行なっていますので興味のある方はご相談ください。

お知らせ

^